空き家空き地見守り隊

お問い合わせはこちら

フリーダイヤル0120-619-408

メールでのお問い合わせ FAX用紙のダウンロード

対応エリア

活用の仕方

解体

■空き家を解体

空き家の倒壊などにより、人に怪我をさせてしまった場合、所有者が責任を負うことになってしまいます。
そのため、利用する予定が無い場合は、空き家の解体を検討する方も増えております。

 

解体を検討する理由

空き家を管理する手間から解放されることが多い理由の一つとしてあげられます。

空き家を所有していると、建物や庭の管理を行う必要があり、放置すると住民や役所から苦情が来ます。

空家等対策特別措置法では、管理体制の悪い空き家を「特定空き家」に指定し、勧告が出来るだけでなく、罰金や行政代執行などが行われる可能性もございます。

特定空き家に指定されてしまった場合は、建物を解体することが最もな解決方法となります。

空き家空き地管理バンクFacebook

▲ページ先頭へ